前へ
次へ

生前贈与でも必要となる書類が不動産登記です

不動産を生前贈与する場合でも最終的に必要となる書類が不動産登記です。
不動産登記の書類は不動産の所有者を特定するという大切な書類なのです。
地域を管轄している法務局にお出かけすると生前贈与などのやり方を詳しく教えてくれます。
必要書類だとか必要な手続きについて詳しく説明されますので、それで、生前贈与ができると勘違いする人たちが多いのです。
実際不動産などを生前に贈与することは簡単にできます。
ところが法務局では税金の支払いのことについては全く教えてくれません。
わたくしたちが生前贈与を受けるとなると、それは全て無税でできると勘違いする場合が多いのですが、そこに落とし穴があります。
この落とし穴はとても大きくて深い穴です。
生前贈与の手続きをやって生前贈与が成立したとします。
確かにご両親などが亡くなった時に相続税の支払いは免除されます。
ですが生前贈与した瞬間に贈与税の支払いの義務が生じるのです。
法務局ではこの贈与税の支払いについては全く教えてくれません。
縦割り行政の弊害だということができます。

Page Top