前へ
次へ

不動産登記の規則は、法律で定められている

不動産を取得した場合は、不動産登記を行い、持ち主の権利として公示しなければなりません。
これは法律で定められているものであり、不動産登記の登記簿に記載しない限り、取得として認められません。
不動産は、土地と建物が別々で権利が生じる場合もあり、土地と建物を手に入れた場合は、両方に記載する必要性があります。
登記簿の管理は、法務局が管理しており、登記簿を見れば、誰の土地なのかの確認ができます。
不動産登記は、三つの記載区分に分かれており、土地と建物では若干変わりますが、一つは目は、不動産の住所などです。
2つ目は、権利者の名前が記載されています。
共有者がいる場合は、全ての共有者の名前と、権利の割合が記載されています。
三つ目は、担保などの抵当権が、その不動産に付いているのかのどうかの記載欄になります。
共有者がいる不動産を売る場合は、1人の権利者が勝手に売るのを防ぐために、司法書士などの資格を持つ人を立会いとして行うのが基本であり、資格を持つ人が全員に売買の通知を行います。

Page Top