前へ
次へ

不動産登記をするべきタイミングとは

誰の所有物ともなっていない不動産を新規で登録するのは所有権保存登記、誰かの所有物の不動産は売買で他に所有権が移った際に、再度登記をし直すのは所有権移転登記です。
不動産登記にはこのように、所有権移転登記と所有権保存登記の2つがあります。
新築一戸建ての際にも不動産登記は必要になりますが、まだ未登記の状態なのも新築の建物です。
完成をしたら正式に表題登記をして、次のステップで所有権保存登記をします。
住宅購入をする場合にほとんどの人が利用するのが住宅ローンであり、ローンを組むならば抵当権設定登記も忘れるわけにはいきません。
万が一ですが住宅ローンの支払いができなくなったときに、抵当権により新居を担保にすることができます。
完全に支払い能力が借主にない場合は、貸主側は他の手段に出ますが、それが不動産の差し押さえをして競売にかける方法です。
担保不動産を競売にかけてお金にすることで、返済できない分の住宅ローンの残金を回収します。

Page Top