前へ
次へ

不動産登記は申請義務がある人がいる

不動産登記というのは表示される登記は登記名義人からの申請によって登録されるということになっています。

more

不動産登記をしないと不動産の権利が移動しない

遺産相続をするのに大切な事務処理があります。
それは不動産登記です。
最終的には不動産登

more

不動産登記は司法書士などに依頼することも

不動産登記の流れとしては、不動産の取得をして登記申請書の作成を行い、申請書の提出をして法務局で審査を

more

不動産登記の制度とは何か

不動産の売買などの取引を行うときには、登記をすることになります。
しかし不動産登記の手続きは、司法書士などの専門家に任せてしまうことが多く、その仕組みや手続きの方法を知る機会はあまり多くはありません。
つまり登記という言葉自体、日常生活にあまり馴染みがないものですが、それでも不動産取引をするときには必要な制度です。
不動産登記とは、不動産に関する権利関係について、法務局という国の機関に備わっている登録簿に記録することを指します。
赤ちゃんが生まれると役所に出生届を出すのと同じように、新しい建物を建てたときには登記の手続きが必要になります。
どうして不動産には登記という制度が必要なのか、疑問に感じる人も少なくありません。
この制度は、不動産に関する権利関係を客観的に明らかのする目的で行われています。
これによって円滑な不動産取引が可能になったり、第三者にその不動産に対する権利の存在を主張できたりします。

旭区で壁クロス×トイレリフォーム
ウォーターソニックがお安くご提供します

旭区でノーリツの給湯器交換工事
オートタイプの便利な給湯器に交換いたします

土地を持ちたいなら山梨の西甲府住宅
空いている土地をお安く販売しております

関東全域対応でプレハブ事務所建設
お好きな場所でオフィスをお持ちいただけます

プレハブの仮設倉庫に一旦避難
多すぎて困っている資材お預けください

他人が所有している不動産を購入する場合、或いは抵当権を設定したりする場合、その不動産が本当に取引相手の所有物なのか確認する必要があります。
またトラブルを避けるためにも、他の誰かの権利や義務が関わっていないかも確認しなければなりません。
直接取引相手に確認しても良いですが、それだけで信頼してしまうのはリスクがあります。
やはり信頼できる国家機関を通じて、不動産に関する権利関係を確認できれば、安心して不動産取引を行うことが可能です。
そのためには不動産に関する権利関係を、国家機関が備えている登記簿に記録しておかなければなりません。
そして、その情報をだれでも自由に閲覧できるようにしています。
不動産登記には所有権の他に、抵当権や貸借権などが記録されています。
ここでいう所有権とは、対象となる物を全面的に支配できる権利を指します。
抵当権とは、貸付金などの債権を確実に回収できる権利です。
さらに貸借権とは、建物を所有するために、他人の土地を借りられる権利のことです。
これらの権利関係を把握することで、円滑な不動産取引を行えます。

Page Top