前へ
次へ

不動産登記は司法書士などに依頼することも

不動産登記の流れとしては、不動産の取得をして登記申請書の作成を行い、申請書の提出をして法務局で審査を行い、書類の受け取りになります。
審査に関しては全て法務局がすることなので、本人が何かしなければいけないことはありません。
登記申請書の作成を本人ですることもできますが、とても手間がかかりますし、全く知識の無い人であればかなりてこずる作業です。
時間と手間がかかることを考慮して、不動産登記は専門家への依頼をすることもできます。
土地家屋調査士や司法書士はプロなので、スムーズな書類作成をすることが可能です。
相続をしたり新築で家を建てたりして不動産を取得すると、不動産の登記をしなければなりません。
申請書の作成をしたり、申請に必要な必要書類の準備にとりかかりますが、簡単なのは専門家へ依頼をする方法です。
土地家屋調査士に依頼をするなら建物の新築をした時ですが、新築や中古物件購入時は、司法書士に必要書類の作成依頼をすることもできます。

Page Top