前へ
次へ

不動産登記はどこでやるのか

不動産を所有することになりましたら、その不動産を所有しているということを主張するために不動産登記というのを行う必要性があります。
それはどこでやるのか、といえば法務局です。
国土交通省ではないのかと思うかもしれませんが権利に関することでもありますので法務局が受け付けていることになります。
登記所というのがありますから、そこで行うことになるでしょう。
不動産登記ですが確かに色々と難しいということもあるのですが新しく登録しようとするとさすがにいろいろと大変なことはありますが、所有権の移転とか相続による云々ということであれば割と自分でできるということもあったりしますのでそのあたりのことをよく考えてみると良いでしょう。
少なくとも不動産を手に入れた場合には登記というのをしなければならないわけですからよくよく覚えておくことです。
いっそのこと、専門家に依頼してしまう、と言う手もあります。
それが最も楽ではあります。

Page Top