前へ
次へ

不動産登記は申請義務がある人がいる

不動産登記というのは表示される登記は登記名義人からの申請によって登録されるということになっています。
表示に関する登記に関しては登記官がその食券によって申請がなくても登記することは可能です。
また、申請義務というのも課せられていることになりますので注意しておきましょう。
土地建物の表題部の登記は所有者がやらなければならないということになっています、その変更なども所有者又は所有権の登記名義人がやらなければならないということになっています。
滅失登記に関しては一ヶ月以内に行わなければならないというのも決められていることになります。
不動産登記は何かと難しいと思うかもしれませんが実際には決められた書類を持っていきに決められた書類に決められた場所にきちんと記入すれば良いというだけの話ですので、実際にはそんなに難しくないことが多いです。
まず、国が決めていることであり、普通の人に自分で申請するようにしているのですから、これは当然でしょう。

Page Top