前へ
次へ

生前贈与で必要となる書類は不動産登記です

これは団塊の世代でも多く見られる傾向ですが、子供たちのことを考えるあまりに、生前にその財産を贈与したいと考える人達が増えてきています。
生前贈与は確かに税金を節約できる有効な手段ではあります。
生前贈与する場合でも必要となる書類が不動産登記の書類です。
不動産登記では不動産の所有者の名義変更などができます。
それを利用して生前贈与する人が増えてきているということです。
ですがこれには盲点があります。
確かに相続税は完全に免除されることになりますが、生前贈与を決断した途端に、贈与税の支払い義務が発生するのです。
そして問題はこの贈与税の税率が、相続税の税率を遥かに凌ぐという点です。
場所にもよりますが東京などでは1千万円を超えるような請求が、税務署からある日突然、郵便でやってきますので、そこで初めて青くなって税務署に駆け込むというような事態になります。
そのような事態を防ぐために、生前贈与する前に、贈与税の金額については確実に把握しておきましょう。

Page Top