前へ
次へ

不動産登記における表示登記と権利登記について

不動産登記は「表示に関する登記」と「権利に関する登記」の2種類に大別されます。
「表示に関する登記」には所在地や使用用途、面積といった「不動産の物理的情報」が記載されています。
一方の「権利に関する登記」には所有者が誰でいつその不動産を取得したのか、担保がついているかいないか等「不動産の所有権に関する情報」が記載されています。
不動産登記を行う専門家として土地家屋調査士と司法書士が存在しますが、土地家屋調査士は「表示に関する登記」(不動産登記簿の表題部)を取り扱う専門家で、司法書士は「権利に関する登記」(不動産登記簿の権利部)を扱う専門家となります。
具体的には土地家屋調査士は建物を新築した際の「建物表題登記」や、建物を取り壊した際もしくは火事により焼失した際の「建物滅失登記」等を作成するのが仕事です。
一方司法書士は不動産の売買、相続、贈与時における「所有権移転登記」や、住宅ローンを組む際に必要な「抵当権設定登記」等を作成するのが仕事となります。

Page Top